top of page
  • 執筆者の写真武相動物病院グループ

気管虚脱(②胸郭前口部)



咳や呼吸障害の原因となる気管虚脱ですが、責任病変の場所により原因と治療が異なります。





②胸郭前口部での虚脱(病名:原発性気管虚脱)






原因:気管軟骨の扁平化(潰れている) / 急性発症の場合は感染性疾患







吸気(吸った時)と呼気(吐いた時)のレントゲン撮影を行い、どちらも気管軟骨が扁平化している(潰れている)場合は、原発性気管虚脱が疑われます。




確定診断とグレード評価には麻酔下での気管支鏡検査が必要なため、レントゲンのみでの評価は困難です。


さらに、レントゲンにて明らかな気管軟骨の扁平化が確認されなくても、気管虚脱ではないと指摘できるわけではないんです…



呼吸器って難しいですね😓



咳の既往歴がなく、急性発症の場合は感染(いわゆる風邪)の可能性も考えられるため


いつから(以前から/急に)


どのような咳(乾いた咳/湿った咳)


という症状の把握が大切です‼️



確定診断が難しい呼吸器だからこそ、原因の特定には必要な確認事項となります⚠️






治療:グレードによっては手術 / 抗菌薬やネブライザー(噴霧治療)



軟骨には血液が通っていないので、薬での治療はできません❤️‍🩹



生活に支障をきたすような症状がある場合は、気管支鏡などの精査を行ったのちに外科的治療を行います。



また急性発症の場合は抗菌薬やネブライザー治療による治療を行い、改善があれば感染性疾患であったということになります🦠






特に多い治療として、気管支拡張薬を使用しているケースがあります。


気管支拡張薬は、あくまで気管支(気管の末梢)を広げてくれるお薬なので、胸郭前口部(気管の中枢)には効果は期待できません。






また気管虚脱の症状は咳だけでなく


呼吸と同じタイミングでゼーゼー、ガーガーと音が鳴る(ストライダーといいます)症状が認められることもあり


ストライダーのみ発現する場合もあります。


また、安静時、運動時、興奮時など、発現するタイミングも動物によって様々です。



何かおかしいと感じた場合はまず、動画を撮影しましょう‼️



その場で判断できなくても、獣医さんと相談することで何かわかることがあるかもしれません🤔



獣医師 日野






閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page