top of page
  • 執筆者の写真武相動物病院グループ

犬猫の中毒

更新日:2023年8月15日

こんにちは🐾

看護師の佐々木です!




今日はバレンタインですね🍫💕

(すみません。1日公開遅れました。。by中村)


皆さんは大切な人にチョコレートを渡しましたか?😌

今日はチョコレートに関するお話をしていきます!



そもそもワンちゃん猫ちゃんはチョコレートを食べてはいけないという事はご存知ですか?


チョコレートを食べてしまうと、中毒症状を引き起こします。


主な症状としては

・吐き気

・嘔吐

・不整脈

・下痢

・からだの震え

・発熱

・けいれん

・興奮状態に陥る

等...。




チョコレート中毒はカカオに含まれているテオブロミンという成分によって引き起こります。


摂取後4時間ほどで発症し、放置すると数日間後に突然死亡してしまう場合もあります。

少量でも重篤になることがあり、苦いチョコレートはより多くのテオブロミンが含まれています。

また、チョコレート以外にもコーラやお茶にも含まれていますので、誤って飲ませないようよく注意しましょう❕❕


そして、ワンちゃん猫ちゃんにはチョコレート以外にも中毒を引き起こしてしまう食材があります。



代表的なものだと、

タマネギ中毒

ニラやニンニク、ネギ類でも発症し、

・嘔吐

・血尿

・貧血

・黄疸

・下痢

・眼の結膜が白っぽくなる

などの症状が現れ、溶血性貧血という状態に陥ってしまいます。発症までに1日から数日かかり、最悪の場合死亡してしまいます。

わずかな摂取量でも大変危険です。また、加熱したタマネギを含む汁物などでも溶血性貧血を引き起こすことが分かっています。




そしてキシリトール中毒

タマネギ、チョコレートと並ぶ中毒で、

こちらも最悪の場合死亡する可能性があります。


症状は、

・虚脱状態

・肝障害

・嘔吐

・けいれん

など。


原因は、キシリトールに含まれるインスリンの分泌で急激な低血糖を引き起こすために発症します。

他にはぶどう・レーズン、アボカド、ジャガイモなどの食品も中毒症状を引き起こしますので、誤って犬が食べないよう、細心の注意を払いましょう。


万が一これらの食材を誤って食べてしまった場合はすぐに動物病院につれていってあげてくださいね❕

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page