top of page
  • 執筆者の写真武相動物病院グループ

肩甲骨骨折整復について

更新日:20 時間前

今回はあまり臨床現場で見かけることがない部位の骨折についてのお話しです。


実際の症例:

ミニチュア・ピンシャー 6ヶ月 雌

左前脚の挙上を主訴に来院 レントゲンにて肩甲骨の骨折を確認


右(R)と比較して、折れているのが分かるかと思います。


この部分は上腕二頭筋腱の付着部位であり、筋肉の収縮をする上で非常に大事な役割を果たしています。

今回は下の写真の青部分が骨折ラインです。


実際の写真


黄色い部分が欠けた骨片、青い部分が上腕二頭筋腱です。



2本のキルシュナーワイヤーにて固定しました。




術後のレントゲンです。

しっかりと整復が行えました。


現在は経過を追いながら、元気に過ごしております。


ご相談やセカンドオピニオンにも対応しておりますので、当院までお越しください。

※当院は予約制となっております。事前にご連絡頂きますようにお願いいたします。

※医療関係者様からの手術の依頼、相談等も受け付けております。




武相動物病院 獣医師 中村雄海

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page